トップ> ブログ

Blog / お知らせ

あけましておめでとうございます。

コメント (0) | 2017.1.1 お知らせ 代表ブログ

旧年中は、大変お世話になり誠にありがとうございます。

昨年も「内面から輝く人材育成を通して、世界の豊かな発展に貢献する」を企業理念として

1年間邁進してまいりました。

 

2017年、新しい年を迎え今年もまた、人の持つ限りない潜在能力に焦点をあて、1人1人

の成長が企業様、学校様の成長となり、相乗効果となってより良い社会の発展につながるよう

にお手伝いをし続けていきたいと考えております。

 

今年も多様な価値観を受け入れ、私ども1人1人が変化をし続け、お客様に最高の価値をお届け

してまいります。

2017年が皆様にとりまして飛躍の年となりますよう心よりお祈りいたしております。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

学校向けの講座について

コメント (0) | 2016.7.8 お客様の声 学校編

私どものサービスは、企業様の人材育成をメインとしておりますが、もう一つ、「これから未来を担う人材を育成したい」との思いから、学校向けの講座にも力を入れております。

http://www.iba-jinzai.jp/s_service/

 

結果、これまでに500校以上、7万人の学生、そして教職員の皆様に講座をお届けし、お喜びの声をたくさん頂いてまいりました。

 

今月も教職員の方への現職教育、そして中学生の職場体験前のマナー講座など、沢山のご依頼をいただき日々飛び回っております。

 

IMG_0615

 

 

教職員の方への現職教育では、保護者の方との応対マナーを、そして中学生の職場体験前のマナー講座では、初めて社会人と一緒に働くにあたって必要な第一印象の大切さを、全員で、体感を通して学ぶことができる講座内容になっています。

 

講座中は、教職員の方々も真剣にメモを取られ、真剣に演習を行い、保護者の方との信頼関係をより強くしていきたいという思いが伝わってまいります。

 

DSCN4605

 

生徒も一人一人が真剣に取り組み、始めは不安だった職場体験がどんどん楽しみになっていく様子が目がキラキラ輝く姿から伝わってきます。

 

IMG_5350

 

 

 

毎回、講座を通して、皆、たった一つの目標に向かっているんだといつも感じます。

 

それは、“未来を担う子供たちの幸せのために・・”という共通した想い。

 

これからも「未来を担う人材育成」を心を込めて務めさせていただきます!!

 

物事の良い点を見つける

コメント (0) | 2016.6.13 代表ブログ

アジサイの花がとても美しいですね。

 

アジサイの花は雨をたっぷり含むと花が生き生きとし、雨が少ないと元気がなくなってしまう。とある方からお聞きしました。そういわれると、確かに“あれっ!枯れてる・・・”と思った日は、しばらく晴れの日が続いていた時だなと気づきました。

 

Hydrangea flower (Hydrangea macrophylla) in a garden

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの人にとって、雨の日の第一声は「今日は雨で憂鬱ですね・・・」「雨、嫌ですね・・・」から始まることが多いですよね。でも、アジサイにとって雨は、まさに「恵みの雨」なんですよね!

 

雨はアジサイにとっては良いものだし、雨が嫌いな人にとっては憂鬱なものになる。

物事には両面がありますよね。見方によっては良くもなるし、悪くもなる。つまりその人の見方次第!

 

見る人が決めるまでは物事はすべて中立!それなら、良い方を見た方が心が明るくなります。

皆さんは、いつも物事にどんな意味を持たせていますか?

電話応対コラムNo.2 「電話応対は伝染する」

コメント (0) | 2015.11.17 コラム 電話応対コラム

「○○でございますぅ~」「ありがとうございますぅ~」など、意味もなく語尾をのばしていませんか?

 

実はこれ、「語尾のび」といって、色々な企業様に電話をしたり、研修に伺ったりすると一番多く見られる話し癖なんです。

 

この話し癖は本人も周りの人も気がついていないことがほとんどです。

 

なぜなら、新人さんは、先輩の応対を聞いて真似をする。その先輩は、そのまた先輩の応対を聞いて真似をしていた・・・。というように、語尾のびは昔からずっとつながっていて、今や会社の体質になっていることが多いからです。

 

皆さんの会社はいかがですか?

一度チェックして、その連鎖を止めてみませんか?

 

次回は、この「○○でございますぅ~」の語尾のびを簡単になおす方法をご紹介します!

 

教職員向け「保護者応対マナー」講座

コメント (0) | 2015.11.16 公開講座

教職員向け「保護者応対マナー」講座を新たに開講いたしました。保護者からの電話への応対や、来校時の応対などを総合的に習得できる内容となっています。

http://www.iba-jinzai.jp/open/hogosyaoutai-2/

 

教職員の皆様、保護者応対でこんな悩みはありませんか?

・保護者の来校時にどうお迎えしたらいいのかわからない・・・
・保護者応対時のマナーに不安がある・・・
・応接でのマナーに不安がある・・・
・自己流でやっているが、一般的なマナーとしてあっているか不安がある・・・
・保護者からの電話応対に困ることがある・・・

 

保護者が学校の先生を見る時、
・大切な子供を指導する教職員の態度には敏感になる。
・一般企業に勤める保護者の目線は自然に厳しくなりがち。
といった傾向があります。

 

しかし、教職員の皆様が、マナーを学ぶ機会はほとんどありません。

 

そのため、この講座では、職場体験前マナー講座などで、学校への訪問経験が豊富な講師が、実際の経験を踏まえながら、教職員の皆様の保護者応対に必要なマナーをお教えします。
この講座を受講することで、どんなときにも迷いなく保護者応対が出来るようになります。

 

【内容】
1.マナーの重要性と必要性を知る
2.応対マナーの基本を身に付ける
3.名刺交換の仕方とお客様のご案内の仕方
4.好感の持てる電話応対
5.電話の受け方、かけ方のマナー
6.ご意見(クレーム)への応対の5つのステップ
7.懇談会、家庭訪問でのマナーを身に付ける

 

休日の3時間を使って、保護者応対に必要なマナーを効率よく習得しましょう。

ビジネスマナー講師養成講座【名古屋会場】

コメント (0) | 2015.11.14 公開講座

この講座では、ビジネスマナー講師として独立するために必要な要素を5つのステップで確実に身に付けることができます

http://www.iba-jinzai.jp/open/open975/

 

12月クラス ⇒ 12月6日(日)、13日(日)、19日(日)の全3回

1月クラス ⇒ 1月16日(土)、23日(土)、30日(土)の全3回

2月クラス ⇒ 2月13日(土)、20日(土)、27日(土)の全3回

 

【講座内容】
Step1:人前での人を引き付ける話し方を身に付けます。
Step2:講師としての立ち居振る舞いを身に付けます。
Step3:ビジネスマナー研修のプログラムの作成方法と進め方を身に付けます。
Step4:オリジナルの講義を創り、自己ブランディングの方法をお教えします。
Step5:ビジネスマナー研修(約3時間相当)が実施できるスキルを身に付けます。

 

ビジネスマナー講師養成講座

 

★受講後には・・・
弊社の講師規定を満たす方は、弊社の企業研修などにアシスタントとして参加が可能です。(企業様の都合により、アシスタント先はご希望に添いかねる場合もあります。ご了承ください。)

 

【対象者】
・講師として独立を考えている方
・講師としてすぐに活動をしないといけない方
・講師としてのスキルを身に付けたい方
・人に教える仕事をしたい方
・ご自身のキャリアアップをしたい方

 

ビジネスマナー講師養成講座

電話応対コラムNo.1 「顔が見えないコミュニケーション」

コメント (0) | 2015.10.30 コラム 電話応対コラム

電話応対は顔が見えないコミュニケーションです。

 

電話で話した時、相手の声のトーンと言葉遣いだけで相手の表情や気持ちまでが手に取るようにわかった。なんて経験はありませんか?情報が少ない分だけ、より敏感に相手の様子を感じるんですね。

 

「声は人格をあらわす。言葉は品格をあらわす」と言われます。

 

声と言葉遣いを変えるだけで、電話応対の印象は“グッと”変わります。

 

「でも、何をどう変えたらいいのかわからない」という声を研修でもよく聞きます。
電話応対のよくある悩みや、解決方法などをこのコラムで色々と紹介していきますね。

 

ぜひ日々の電話応対に取り入れてみてください!きっと変化がありますよ!

商工会議所様からのご縁で「2社合同セミナー」を開催

コメント (0) | 2015.10.28 お客様の声 企業編

今年の6月12日に、一宮商工会議所様で、地域住民生活等緊急支援交付金を活用した「いちみん商品券」に参加された企業様を対象に、「私がこのお店に行く理由ベスト10!~好まれる選ばれるお店の違いを学ぼう~」というセミナーをさせていただきました。

 

11390130_1048729395156902_8946413560128956285_n

 

いろいろな業種の企業様に参加いただき、セミナー中、異業種でグループになって頂き、業種を超えてディスカッションをしたりワークをしていただきました。

 

あるグループで討議中のこと、「お客様にご満足いただくためには、潜在ニーズを把握することはとても大切ですね。今日の内容をぜひ他の社員にも聴いてほしい。」とふくら庵様(和菓子屋)の社長の奥様がおっしゃったところ、それを聞いていた、同じグループのエコ建築工房様(建築設計会社)の社長が「私どもも同じ思いです!」と賛同され、その場で、和菓子屋さんと建築会社という異業種の組み合わせで「2社合同セミナー」を行うことが決定しました。

 

それから3か月後の9月に「お客様の真のニーズとは~お客様の心理を読み解く~」と題して、エコ建築工房様のショールームでセミナーが開催され、講師をさせていただきました。

 

合同セミナー

 

通常は、1社ごとに研修をさせていただくことが多い中、2社合同セミナーは初めてのケースでしたが、業界は違っても、全く同じ課題を抱えていらっしゃる会社がこうして合同で研修を行うのはとても効率的で、互いに異業種の情報交換もでき、非常に有意義だと感じました。

 

一宮商工会議所の担当者の方も、「こういったケースは初めてのことで、会議所内の事業所様同士が協力するということはとても嬉しいことです。ぜひ取材をさせてください。」との打診をいただき、当日取材にいらっしゃいました。後日、「会報に掲載しました!」と、記事を送ってくださいました。

 

一宮商工会議所

 

皆様の会社でも、自社だけではなく、お客様や取引先、関連会社などとの合同セミナー開催のご要望がございましたら是非お問い合わせください。お待ちしております!

 

人材育成の3段階「守・破・離」

コメント (0) | 2015.10.23 代表ブログ

駅から事務所に歩く途中でこんな街路樹を見つけて思わずパチリ!

 

街路樹

 

四角いコンクリートの形に合わせて、しっかりと成長してもう枠から溢れそうです!

 

この街路樹を見て、私どもが携わっている人材育成そのものだなって思いました(笑)

 

人材育成には「守・破・離(しゅ・は・り)」の段階があると言われます。

守:「基本」を体と頭でしっかりと覚える時期

破:「基本」を踏まえながらも応用ができるようになる時期

離:臨機応変な対応ができるようになる時期

 

人は無限の可能性を持っています。だから、育てれば育てるほど、どんどんどんどん成長していきます。とどまることころを知らないくらい!

だからこそ、各段階においてうまくリードし、枠を少しづつ外していき、徐々に「任せていく」ことがとても重要になってきます。

 

そう考えると、この街路樹はもう「離」の時期かもしれません(笑)

そろそろ「枠」を外して自由に「任せて」あげるのが必要な時期なのかもしれませんね。(*^-^*)

 

名鉄西部交通様「ブランドの確立」

コメント (0) | 2015.10.22 お客様の声 企業編

「全員が一つの目的に向かって進んでいく」

 

今回の1年にわたる名鉄西部交通様の研修では、研修の目的である「名鉄西部交通ブランドの確立」を達成するために、いつもこの視点を大切にしていました。

 

「ブランドの確立」と一言で言っても、特定の1分野を伸ばすだけではなく、様々な分野からのアプローチが必要になります。そしてその分野毎に必要な要素を身に付けつつ、さらに会社の進むべき方向性を一致させなければいけません。そのため、先の、「全員が一つの目的に向かって進んでいく」という視点が重要になります。

 

名鉄西部交通様では、研修導入前のヒアリングと実際の業務内容を見学させていただいた上で、

 

管理職のリーダーシップを育成する「リーダーシップ研修」

部下とのコミュニケーションを学ぶ「班長研修」

オペレーターの心の状態管理、電話応対を学ぶ「配車オペレーター研修」

 

の3つの分野から「名鉄西部交通ブランドの確立」を目指すことになりました。

 

 

分野ごとの研修は、「客観的に自分の現在の立ち位置を知る」ことから始めました。現在の立ち位置から、ブランド確立という目標までのギャップを確実に埋めるていくことが結果につながります。このギャップを認識できなければ、何度指導をされ、アドバイスを受けたとしても、進歩も、継続的な改善もありません。

 

今後は、今年1年かけて学んだことをPDCAをまわしながら、確認、定着を図りつつ新たな課題を見つけていただきたいと思います。そして、次の研修で、また新たな課題をお持ち頂きたいと思います。

 

今年度最後の研修となった日、業界紙「東京交通新聞」の取材があり、名鉄西部交通様の取り組みが紹介されました。

 

Copyright (c) 2015 IBA All Rights Reserved.