トップ>ブログ> ブランドの確立:名鉄西部交通様

Blog / お知らせ

ブランドの確立:名鉄西部交通様

コメント (0) | 2015.10.22 企業研修事例

「全員が一つの目的に向かって進んでいく」

 

今回の1年にわたる名鉄西部交通様の研修では、研修の目的である「名鉄西部交通ブランドの確立」を達成するために、いつもこの視点を大切にしていました。

 

「ブランドの確立」と一言で言っても、特定の1分野を伸ばすだけではなく、様々な分野からのアプローチが必要になります。そしてその分野毎に必要な要素を身に付けつつ、さらに会社の進むべき方向性を一致させなければいけません。そのため、先の、「全員が一つの目的に向かって進んでいく」という視点が重要になります。

 

名鉄西部交通様では、研修導入前のヒアリングと実際の業務内容を見学させていただいた上で、

 

管理職のリーダーシップを育成する「リーダーシップ研修」

部下とのコミュニケーションを学ぶ「班長研修」

オペレーターの心の状態管理、電話応対を学ぶ「配車オペレーター研修」

 

の3つの分野から「名鉄西部交通ブランドの確立」を目指すことになりました。

 

 

分野ごとの研修は、「客観的に自分の現在の立ち位置を知る」ことから始めました。現在の立ち位置から、ブランド確立という目標までのギャップを確実に埋めるていくことが結果につながります。このギャップを認識できなければ、何度指導をされ、アドバイスを受けたとしても、進歩も、継続的な改善もありません。

 

今後は、今年1年かけて学んだことをPDCAをまわしながら、確認、定着を図りつつ新たな課題を見つけていただきたいと思います。そして、次の研修で、また新たな課題をお持ち頂きたいと思います。

 

今年度最後の研修となった日、業界紙「東京交通新聞」の取材があり、名鉄西部交通様の取り組みが紹介されました。

 

 

研修担当者を対象とした情報サイト:企業研修ガイドも是非ご覧ください。
各種研修の内容や社員からの質問に対する答え、受講者や研修担当者からの感想などをお届けしています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。コメントは承認後に表示されます。

Copyright (c) 2015 IBA All Rights Reserved.