トップ>ブログ> 店舗接客研修:リーダーシップを発揮する

Blog / お知らせ

店舗接客研修:リーダーシップを発揮する

コメント (0) | 2015.10.6 企業研修事例

明日が研修という1日前に、研修のご依頼いただいた企業の社長様からご連絡をいただきました。

「明日の研修ですが、現在の朝礼の仕方を見ていただき、改善すべきところがあれば改善したいのでお願いします」とのことでした。

理由をお聴きすると、「朝礼を行っているのですが、今一つ元気がない」とのことです。

 

早速、研修内容のカスタマイズを行い、研修当日は、まず現在の朝礼をいつも通り再現していただきました。

理由はすぐにわかりました。

 

そこで、皆さんに「朝礼をしていてワクワクしますか?」と尋ねたら、誰も返事をしません。「朝礼は楽しいですか?」と尋ねてもノーアンサー・・・

 

こうした時、弊社から“こうしましょう!”というご提案をするのは簡単です。

しかし、現在の朝礼の再現を見た時に根本的な原因は、「リーダーの指示待ちになっていて、みんなが受け身である」ということがわかりましたので、その部分を打破することなく、朝礼の改善は見込めません。

 

そこで、「では、皆でチームになって“ワクワクする朝礼”を考えましょう!」と、3人1チームの車座になってどんどんアイディアを出していきました。

すると、一人一人がすっごい笑顔で話し、面白いアイディアが沢山出てきました。

しかも、「実現可能なアイディア」ばかりだったのです!

出てきたアイディア一つ一つを検証し、行動してみて、実行可能であることを確認しあいました。

もちろん「皆、すばらしいね!!」と一同感激です。

 

DSCN2157

 

このアイディアを、リーダーの指示待ちで行うのではなく、アイディアを出したチームが主導し、朝礼に責任を持つことを提案しました。

はじめは皆、少し困惑したようでしたが、チームメンバーの顔を見渡して“うん”とうなづきました。

指示待ちからの脱却の瞬間です!

こうした、「みんなが主体的に考えるプロセス」を経ることで、リーダーの気持ち、そして主体性、創造性、責任感が養われていきます。

 

皆さん、その後の研修も満面の笑顔で主体的に取り組んでいました。

 

DSCN2161

 

社長様も研修後に「うちの社員はすごいね!」とおっしゃっていました。

 

DSCN2139

 

社員一人一人の中には本人も気づいていない潜在的な能力があります。

それを引き出すのが弊社の力であり、強みです。

 

今度は3か月後です。

皆さんの成長を見ながら、さらなる改善につなげ、次のステージへ全員で登ろうと考えております。

 

 

研修担当者を対象とした情報サイト:企業研修ガイドも是非ご覧ください。
各種研修の内容や社員からの質問に対する答え、受講者や研修担当者からの感想などをお届けしています。

 

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。コメントは承認後に表示されます。

Copyright (c) 2015 IBA All Rights Reserved.